Post by: hidenori-yano

ブログ, 練習日記

今日はパーカッションに新入団員!

7 9月 , 2018  

こんにちは!ユーフォのリハビリ中、矢野です。

前回の練習日記です。

日時:2018年9月2日(日)13~17時
場所:上丸子小学校
人数:男子10人、女子20人、先生1人

練習曲とポイント

♪小さな世界
同じ4分音符でも、カッコいい長さは曲調や役割で変わります。
楽譜の指示をしっかり守る&指示は無くてもお約束を守ると、軽やかな音楽になりますよね!

♪アンダー・ザ・シー
先生から音の変更とアーティキュレーションの指示がありました!
欠席された方はパートの方に要確認!
Eのアフタクトのタイミングは難しい!気を付けましょう。

♪ハリウッド・マイルストーンズ
fpやcre&dimが効果的になるよう、落とすところはしっかり落としましょう。
メドレーなので、場面転換がハッキリできるといいですよね。

♪ロンドンデリーの歌
個人的に大好きな曲です!
メロディーの繋ぎ目、ブレスは必要ですが響きが消えないようにしたいですね。フルートパートの吹き方が上手だなぁと思いました。
スタッカート付きのスラー、どう吹いたら良いのか私には謎でしたが、先生の指導でようやく分かりました。

1年間の休団から復帰後、知らない方がたくさん増えていてびっくりでした。
手前みそながら、こんなに頻繁に新人さんが入ってくれる市民楽団、なかなか無いのではないでしょうか。
ぜひKBOに新しい風を吹き込んでほしいです♪

そういえば、真夏でもパーカーのP山さんにも会えました。なんだかほっこり?しました。KBOにはいつも変わらない良さもありますよね。

9月30日(日)13時半からの「森のコンサート」では、入団10年目も今月の新人も心をひとつに演奏しますので、ぜひご来場ください♪♪♪

ブログ, 練習日記

4月15日 練習日記~小学校でのミニコンサート?~

16 4月 , 2017  

こんにちは。『響け!ユーフォニアム』でおなじみ、ユーフォニアムパートのYNです。土曜日の練習日記を書きます。

日時:4月15日 17:00~21:30
場所:アプリコ Aスタジオ

今日は定期演奏会前半の曲の合奏でした。

TEC
メロディックな旋律の曲だからこそ、伴奏パートは機械のように縦を合わせることが大切です。
また、テンポは変わっていないのに、自分のパートの音符が長くなるとついつい遅く、短くなるとついつい速く感じてしまいます。難しいですよね~。
全パートが心の中でず~っと八分音符♪♪♪♪を感じられれば、緊張感と勢いのある良い演奏になると思います!

KTJ
各パートで指摘されたところは(多すぎて)フォローできておりません。。。
この曲もテンポ感や縦を合わせることが大事と思います。
個人的には、メトロノームに合わせて最後まで演奏できるくらいのストイックさが必要と思います。
学生時代のコンクール練習。メトロノームのネジが戻り切るまで休憩無し。もはや自分がどこを吹いているのか分からなくなるほどのトランス状態に陥っていたのも、今では良い思い出です。
それはやり過ぎですが、気になる箇所はメトロノーム先生の力を借りるのも大切と思います。

DNO
IVとVを練習しました。大分まとまってきましたよね。
速いパッセージのある木管メンバーには脱帽です。よく知られている曲だからこそ、ミスできないプレッシャーがあると思いますが、安心して演奏できるよう、伴奏パートがしっかり支えたいと思います!
この曲はオーケストラ曲の吹奏楽編曲版でして、ユーフォニアムはほぼチェロパートを演奏しています。
管楽器で弦楽器のように演奏することは難しいですが、楽譜にピチカートと書かれていれば、気持ちだけは弦楽器のつもりで演奏しています。
元々のオーケストラ版では、あるフレーズの1回目は「チェロのピチカート」、2回目は「ビオラのアルコ」が指示されているのですが、この違いは金管楽器でどうやって表現すればいいのでしょうか。
(そんな細かいことを気にする暇があったら、できてないところを練習しろ!という声が聞こえてきそうですが。)

話変わって、この日の午前中、新しい練習会場の開拓のため、川崎市内の某小学校へ団員数名で伺いました。
休日にも関わらず、ご担当の方が丁寧に対応してくださいました。
校内で練習をする際、外に漏れる騒音がどれくらいなのかをチェックしてくださったのですが、

「練習と本番では気持ちも音量も違うでしょう?子供たちの前で何か演奏してもらえませんか?」

「ギョギョッ!?」

普段、与えられた楽譜をそのまま演奏しているだけなので、急なアドリブが利かないメンバーたち。
つぎはぎの譜面を何とか作り、数十人の小学生の前で、楽器紹介と短い曲のミニコンサートを開催しました。
これが意外にも好評で、子供たちも保護者の方も笑顔で聴いてくださいました。
こういった学校の皆さんと、今後も良い関係が築けるといいですね!

楽器紹介の際、ユーフォニアムを知っている子がいました。
どうやらアニメ『響け!ユーフォニアム』のおかげで知ってくれていたようです。
ユーフォニアム人気も小学校まで浸透している(?)ようですので、演奏会に向けて一層頑張りたいと思います!

イベント, ブログ

6/12 ソレイユ ウィンド オーケストラさんのお手伝い

14 6月 , 2016  

こんばんは、KBOで渉外を担当しているヤノです。

練習の無かった週末、KBOの有志が集まり、ソレイユ ウィンド オーケストラさんの定期演奏会をお手伝いしてきました。
ソレイユさんとKBOはそれぞれの演奏会でスタッフを出し合う協力体制を取っています。

演奏会を開催する上で大変苦労するのは、演奏の練習や舞台演出の準備、広報活動などです。
一方で、当日の受付や本番中のお客様対応は、どんなに周到に準備しても演奏者が担うことができない仕事。
もしスタッフが足りない場合には、演奏者が泣く泣く舞台を降りるしかありません。
お互いにそういったことにならないよう、他団体のメンバーが協力しているわけです。

S__3661860

さて、ソレイユさんの演奏会はいつも1,000人ほどのお客様が来場されるので、スタッフ業務もひと苦労です。
ですが、帰られるお客様に「上手だったよ!」「いい演奏だったね」「これからもがんばって」などと声をかけられると、他団体さんのことではありますが嬉しい気持ちになります。
ホール内で演奏を聴ける時間は無かったのですが、きっといい演奏会だったのでしょう。
自分たちの演奏会でも、他団体のスタッフさんが同じような声がけをされるよう、今度は演奏の方で頑張りたいものです。

S__19423243

さてお手伝い後は、ちょっと喉が渇いたね、ということで、プチ打ち上げをしてみました。
飲むために練習し、
飲むためにお手伝いをし、
飲むために演奏会を開く、、、わけではありませんが、

このスパイラルに巻き込まれたい方は、ぜひ一度見学にお越しください。

ブログ, 練習日記

多摩市民館での通し練習

28 3月 , 2016  

こんばんは!ユーフォニアム吹きのYanoです。
先週土曜日、いつもより大きな練習会場で、パーカッションもフルに準備して本番前の通し練習をしました。
日時:2016年3月26日 17時半~21時
場所:多摩市民館 大会議室
参加者:35人くらい
練習曲:全曲通し
いつもは狭い会場で身を寄せ合って練習しているためでしょうか、奏者と指揮者、奏者どうしの距離が遠いことで、音がズレてしまっているところが多くありました。いつもは横目で見えている指揮者の動きも、しっかり目を向けないと見えないし、そうすると楽譜が見えないしで、うまくいかなかった人も多かったと思います。距離があると音がズレてしまう、目で合わせなきゃ!と頭では分かっていても、なかなか難しいものですよね。コンクールの本番、急に大きな会場で演奏してパニックに!というのも吹奏楽あるあるではないでしょうか。
泣いても笑っても本番は2週間後、その前に良い失敗経験ができたと思います。残りの貴重な時間、がんばっていきましょう!
そして、本番後の打ち上げも2週間後に迫りました!!!体調を万全にしてのぞみましょう!
——

川崎ブラスオルケスタ
第7回定期演奏会

2016年4月9日(土)
開場 15:00 開演 15:30

川崎市多摩市民館 大ホール
(南武線 登戸駅 徒歩10分 または 小田急線 向ヶ丘遊園駅 徒歩5分)

Program
吹奏楽のための第2組曲 A.リード
The Seventh Night Of July ~ TANABATA ~ 酒井格
A Song For Japan ( トロンボーンソロ : 大川真紀夫 ) S.フェルヘルスト
スターウォーズよりメインテーマ J.ウィリアムズ 作曲 平石博一編曲
スーパーマリオブラザーズ 星出尚志編曲
ディープパープルメドレー 佐橋俊彦編曲
美女と野獣 真島俊夫編曲

指揮 大川真紀夫

——

ホールへご来場の際にはこちらへもどうぞ(まわしものではございません)

パン
http://cestune-bonneidee.com/

讃岐うどん
http://www.udon-mune.com/

クラフトビール
http://www.craftbeer-moonlight.jp/index.html