ブログ, 練習日記

第21回練習☆・゚:*(人´ω`*)

24 12月 , 2009  

日記遅れてすみませんッ

3日たってしまいましたが、練習日記とぃかせていただきます!


★場所 大田区民センター
★日時 12月 20日 (日)
★時間 9:00 ~ 17:00

今日ゎ見学者がイッパイぃましたね。

クラが2人、サックス1人、パーカス1人の計4人

イイ感じじゃ-なぃですかッ

しかもサックスの方ゎ入団して下さるそぅですねッ!!
この調子で定演までにガンガン団員増やして行っちゃいましょう!!

でゎ本日の流れです。



午前⇒個人練習・パート練習・係りの話し合ぃ。
昼食。
合奏。

斉藤サンが持ってきてくれたマーチを通しました。
全員が初見ってコトもぁり私を含め、カナリ・・・・って感じでした。

その後ゎ出だしだけスローテンポで吹いてとりあえず終了 笑

そして待ってましたのホルスト1組。

今回の練習ゎ結構出席率が高かったので、割と良かったのでは??

その後ゎ一通り1部の曲を通してつめて・・って感じでした。

ぁとゎ「もっと周りを聴くこと」「個人練習・パート練習の成果を合奏で出せること」が大切だと思いました。

ちなみにココからゎ個人的な意見ですが・・・

自分の失敗やミスを他人のせぃにするのゎ好きじゃありません、私。

本番ゎ一回です。

ぉ客さんゎそれまでどれだけ練習したかなんてもちろん知りません。
たった一回の本番を聞いて、そのバンドのレベルを決めるのです。

本番ゎもちろん緊張もするだろぅし、soloがある人なんてそれなりのプレッシャーもぁると思うんです。

いや、soloなんてなくても、良ぃ演奏がしたい!!って気持ちがあれば常に緊張して合奏に臨めるはずです。

その緊張感やプレッシャーを外に見せるか見せないかゎ人それぞれですが・・

その緊張感の中で、いかに自分の全力を出せるかが勝負なんじゃないかな?って思います。

ひっし-も言ってたけど、練習で出来ても本番で出来なかったら意味がない。
逆に練習で出来なくても本番で出来ればいい。

カナリ共感です。

たった一回の本番を成功させるためにゎ、毎回の合奏に常に緊張感を持ち、自分の音に責任を持つことが大切だと思ぃます!

ぁたしなんかの分際でこんな偉そうなコトいえる立場じゃないですが、ちょっと思ったので書いてみました。

きっと川崎ブラスゎこれからもどんどん成長し続けると思います!!

ラスト5ヶ月、気を引き締めていきたいもんですね。

By


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です