ブログ, 練習日記

12月17日(土)木管分奏

28 12月 , 2011  

更新が大変遅くなってしまい申し訳ございません。
今回の練習日記はSAXパート岡が担当します。

12月17日(土) 木管分奏
時間:17:30~21:00
場所:川崎市幸市民館 音楽室 
参加者:8名(FL2名、CL2名、SAX4名)

今回はP山さんが進行役をつとめてくださいました。

まずは30分程個人で音だしをしてから、ロングトーン。
初めはピッチが合わなかったのですが、繰り返すごとに良くなりました。
日頃から周りの音を意識する事が重要ですね。

S
連符を重点的に合せました。
テンポをかなり落としたところから始め、縦が合うまで繰り返しじょじょにテンポを上げていきます。
完全にはタテは合いませんでしたが、この積み重ねが必要だと思いました。


69からの3連を中心に合せました。
この曲もテンポをかなり落として練習しました。

2曲ともタテは合うようになってきましたが、アーティキュレーションのつけ方などまだばらばらな気がします。
合奏ではこの練習をふまえてアーティキュレーションや音の強弱にも注意したいですね。


S.SAXさんが出席通しで合せられました。
譜面通りに演奏しつつも単調にならないように演奏するというところが難しいですね。
録音日まで日がないので音源を聴きいてがんばりましょう。

最後にP
を合せました。
アーティキュレーションが多く、口がばててしまいそうですが歯切れよく抑揚をつけて演奏したいですね。

今回はどの曲も連符があるので木管にとっては大変ですが根気よく分奏で合せて行きましょう♪
分奏の前には十分に個人練が必要だと痛感しました。

夕方からの練習でしたがとても寒かったです。
翌日風邪をひいてしまいました。
急に寒くなったので皆さんも体調に気をつけてくださいね。

ではでは皆様良いお年を。
年明けの新年会でお会いしましょう。

By


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です