ブログ, 練習日記

1月29日木管分奏

30 1月 , 2012  

こんにちは。
前回に引き続き、この日の木管分奏もフルートパートのdarklawがお届けします。

木管パートは音程がなかなか合わないことが多いので、本日もCdurのスケールから始めました。

とてもゆっくりのテンポで始めたところ、最初は合わなかった音程が徐々に合うようになりました!
やればできることがわかったので、周りに気を配って演奏するよう心がけます。

さて、その後曲の練習をしました。

(1)S
この日の参加者はCl、Fl、BSax、Tsax、ASaxの人たちでした。
皆でユニゾンして吹くところを中心に、そこを練習しました。
具体的には初めからBまでと、Qです。
やっぱりBsaxの人にベースを吹いてもらうと、安定感が違いますね。

(2)DOE
演歌演歌演歌!です。
でも演歌の割には、1部で演奏する曲のような細かな動きがあるので、そこを練習しました。

(3)P
初めからある程度一通り演奏しました。
隣のパートの人と同じだったり違っていたりするので、この曲はじっくりと周りの音を聞いて、自分と同じことをやっている人を探して合わせてみるのが完成への道のりだと思いました。

この日は午後から合奏もありましたので、そちらは合奏のブログ担当パートにバトンを渡します。

この日の分奏はサンピアン川崎で行いました。
2009年の川崎まつりや第1回定期演奏会はこの場所で行ったのです。

KBOにゆかりのある土地で練習できて、少しだけ初心に帰りました。
あのころからもう2年以上経過しているので、懐かしかったです。

2012-01-30-000358_1

By


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です